赤ら顔向けのオールインワン化粧品はどれがいい?

 

化粧水や乳液など、複数の役割を1本で済ますことができるオールインワン化粧品。

 

今回は、赤ら顔対策向けの、オールインワン化粧品をご紹介いたします。

 

 

 

白漢 しろ彩

 

 

  • 返金保証:30日返金保証付き
  • 内容量:100ml※約60日
  • 定期購入:4,480円

 

デメリットは?

 

定期購入の場合は、3回以上の継続が必須です

 

 

しろ彩は顔の赤みの根本からアプローチし、赤ら顔モニターの86%の赤みを軽減させました。

 

また、ヒリヒリ感など刺激が少ないため、かなりおすすめ!

 

※30日間の返金保証があるため、お肌に合わなかったらどうしよう・・・
といった心配がありません。

 

 

【公式】>>白漢しろ彩公式サイトはこちら

 

 

 

ULU(ウルウ)シェイクモイストミルク

 

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:110mL※約1か月
  • 定期購入:3,600円

 

デメリットは?

 

返金保証がありません

 

 

ULU(ウルウ)は乳液・美容液・ふき取り化粧液・化粧水・導入液など1本で5役のオールインワン化粧品です。

 

また、完全無添加なので、赤ちゃん〜お年寄り真まで安心使えます。

 

【公式】ウルウ公式サイトはこちら

 

 

ビタK レッドX トナー

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:150ml※約1.5〜2か月
  • 定期購入:3,920円

 

デメリットは?

 

  1. 返金保証なし
  2. 定期購入は3回以上の継続

 

 

赤ら顔対策に良いと言われる、”ビタミンKを配合”しているビタK レッドX トナー。

 

皮膚科専門医が開発した化粧品でお肌のトラブルに最適な化粧水です。

 

【公式】>>ビタK レッドX トナー公式サイトはこちら

 

 

>赤ら顔の疑問Q&A

 

赤ら顔って何?

 

赤ら顔の原因とは?生まれ持った体質なの?

 

赤ら顔がコンプレックスになっている人がいますが、原因は遺伝的な体質ではなく他に原因があることも考えられます。

 

他の原因としてあげられるのが、皮膚が薄くなって血管が透けて見えてしまって赤ら顔になっているというケースです。
鼻の周りや頬のあたりが赤い、気候の変化で赤くなってしまうという人の場合は特に注意が必要となります。
皮膚が薄くなってしまう原因としては、普段何気なくやっていることが皮膚を薄くしてしまうことにつながっていることが考えられます。

 

洗顔をするときに、泡ではなく手でこすって洗っていたり、マッサージをクリームなどをつけずに頻繁に行っている、古い角質を取るピーリンを頻繁に行っていることなどが原因となってしまいます。

 

このような原因で赤ら顔になっているという場合には、軽度の場合にはスキンケア方法や食生活を改善していきます。

 

洗顔のしすぎは避け、泡で優しく洗うようにして、ビタミンC誘導体などの配合されたスキンケア用品を使います。

 

 

食生活はアルコールやカフェイン、タバコなどの刺激物を避けるようにします。
症状が重い場合には、セルフケアは難しいと考えられるため皮膚科を受診します。
病院に行くことで、症状に合わせた治療ができます。

 

 

顔の乾燥肌!考えられる原因は?

 

一般的に冬場に顔の乾燥肌が気になるのはおかしな事ではないものの、季節に左右されずに乾燥状態になっているのならスキンケアの方法や生活習慣を見直さなければなりません。
顔の乾燥肌を誘発しているとして考えられる原因は、洗顔時やメイクオフの際にこすり過ぎている事があります。

 

男性でも入浴後にバスタオルで力強く拭いてしまうと顔の乾燥肌になりますし、化粧水を染み込ませようとするあまり指で擦り付けるのも考えられる原因の一つです。

 

また、男性は皮脂が分泌する量が多いので、見た目を気にするあまり一日のうちに何度も拭き取れるペーパーを使う場合があります。

 

そうしたアイテムを使用することで一時的に清潔感が出るものの、表皮が傷ついてしまいますし常に脂分が取り払われている状態なので、粉を吹く恐れが出てしまいます。

 

そして、肌を含めて身体の組織は口から摂取した食べ物によって成り立っているので食生活の重要性も高く、偏った食生活は顔の乾燥肌を要因になります。

 

お肉が持っているたんぱく質や脂質は潤いをキープするために必須ですし、野菜から得られるビタミンが失われると代謝が悪化し皮脂が分泌されなくなってしまい、悪循環が生じてしまいます。

 

脂性肌(オイリー肌)の原因は?

 

脂性肌の原因は、食生活の乱れによる栄養の偏り、ホルモンバランスの乱れ、誤った方法でのスキンケアなどがあります。

 

脂性肌になりやすい食生活は、脂質を多く含む油っこい食事が多い、食物繊維が不足している、脂質の代謝を促進させる働きがあるビタミンB群が不足しているなどがあります。

 

ホルモンバランスの乱れは女性ホルモンのエストロゲンが減少することで引き起こされます。生理前になると肌が脂っぽくなってニキビができやすくなるという人も多いのではないでしょうか。

 

それはホルモンバランスの乱れによるものです。誤ったスキンケアで脂性肌になってしまっているという人もたくさんいます。

 

皮脂の過剰分泌が気になる人は乳液やクリームやオイルなどの油分を含む化粧品の使用を控えたり塗り過ぎないようにしたりする必要があります。

 

肌の乾燥が原因で脂性肌になってしまっているという人もいます。乾燥によりうるおい不足を感じた肌が自らうるおいを補おうとして皮脂を過剰に分泌するからです。

 

頬は乾燥しているのに額や鼻は脂っぽくなってしまっている人は乾燥が原因でインナードライ状態に陥ってしまっている可能性があります。自分の脂性肌の原因ときちんと特定して対策に努めましょう。

 

 

敏感肌になる原因とは?

生まれつき肌が弱い体質の人はいますが、敏感肌というのは様々な原因によって引き起こされることがありますから、
誰でも敏感肌になることがあります。

 

皮膚はもともと表皮と真皮、皮下組織の3つの層からなっていますが、健康な状態の肌には表皮部分にバリア機能が備わっています。

 

バリア機能があることによって普段は紫外線やホコリ、細菌から攻撃をされても肌を守ることができていますが、免疫力が低下することでバリア機能が低下してしまいます。

 

そうしたら少しの刺激によって肌が赤くなったり痒みが出るという症状が起こってしまいます。

 

免疫力が低下する原因として、風邪をひいたり、生理前後のホルモンバランスが乱れるとき、さらに栄養が偏った食事をすることが考えられます。

 

敏感肌になると、本来であれば何ともない小さな刺激が、肌荒れを引き起こしたり、ぴりぴりとした痛みを伴うことがあります。

 

そんな時は、肌のバリア機能を高めるために免疫力をアップさせることが大事で、さらに肌を守るために刺激の少ないクリームを使うことが必要です。

 

敏感肌用のスキンケアアイテムを使ってしっかり保湿をして肌の状態を整えることによって、肌を刺激から防ぐことができます。

 

化粧品についてQ&A

 

化粧品が気になる人

 

化粧水の役割を解説

 

女性にとって必要不可欠なスキンケアですが、殆どの方が必ず使用するのに化粧水があります。

 

毎日のスキンケアは非常に大事な役割があり、肌に潤いを与えて廊下を少しでも遅らせ食い止める重要な事です。一日の化粧を落とせば肌の汚れも綺麗になりなります。

 

化粧水は、肌に水分を与えて柔らかくし、その後に使用するスキンケアの浸透を促進する通り道を作る役割もあります。肌が乾燥していると美容液や乳液といった潤いを与える成分すら浸透できない状態です。

 

化粧水は肌を潤し柔らかくする事で成分が入り込みやすい状態を作ってくれるのです。

 

様々なメーカーから数多くの化粧水が販売されていますが、成分表を見れば80%が精製水で残りは商品の売りとなっている有効成分や香料などが含まれています。

 

よく化粧水は保湿が目的と勘違いをしている方がいますが、基本成分が水なので短時間で蒸発してしまいます。

 

よって単独使用だけを行っていると肌の乾燥が生じてしまうので、乳液や美容液を組み合わせる必要があるのです。

 

現在では、オールインワンゲルと呼ばれる高機能な商品も販売されています。化粧水が無くても浸透力が優れている商品であれば、一つで全ての効果が期待できるので必ずしも化粧水が必要となる事はありません。

 

乳液の役割とは?

普段のスキンケアで乳液を使用している方も多いでしょう。

 

とはいえ身近なはずの乳液にどんな役割があるかはなんとなく分かっていても、案外軽視しがちです。

 

夏場はべたつくからと化粧水だけで済ませてしまう方も少なくありません。しかし乳液は肌を健やかに保つために必要な存在であり、しっかりその役割を理解しておくことが大切です。

 

基本的な乳液の役割が肌の保湿であるのは言うまでもないでしょう。ポイントとなるのは適度に油分を含んでいることで、これにより肌から水分が蒸発するのを防いでくれます。

 

化粧水のみでは油分を十分に補うことができず、時間が経つにつれ乾燥してしまうためきちんと乳液でケアする必要があります。

 

ただしメーカーによっては化粧水の前に使うタイプもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

似ているアイテムとしてクリームもありますが、それぞれ油分のバランスが違います。

 

両方使うのもいいですし、季節や肌のコンディションによって使い分けることも可能です。また最近では乳液と一口に言っても保湿だけでなく紫外線ケアができるものや、
化粧下地としての効果もあるタイプなど様々な種類があります。役割を把握すれば自分の肌にとって最適な乳液を見つけられるようになるでしょう。

 

オールインワンジェルのメリット&デメリットを解説します

 

機能性コスメとして人気が高いオールインワンジェルのメリットは、非常に保湿効果が高く、お手入れがワンステップだけで済むので、肌に過度な摩擦を加えなくても良いため、肌質が弱い方でも安心して使えるというところです。洗顔をした後にオールインワンジェルを一つ塗るだけで済むので、スキンケアにかかる時間もコストも格段に節約できるというところも大きなメリットだと言われています。肌に取って必要なこととは肌内部にしっかりと潤いを蓄えることで、水分をたっぷりと蓄えることが出来れば肌のターンオーバーも促進され、どんどん新しい皮膚が押しあがっていくので、肌トラブルがいつまでも残るということもなくなります。また肌のバリア機能も高まるので、トラブルを寄せ付けない強い肌質へと改善されていきます。そんなオールインワンジェルの唯一のデメリットと言われているのは、浸透するまでに時間がかかることで、肌の上でこすってしまうと消しゴムのカスのようなもろもろが出やすいので、特にスキンケアの後にメイクをする朝に使うとストレスを感じてしまう方もいらっしゃるようです。ハンドプレスをしっかりとして肌の奥に浸透させるようにすれば、この悩みは解決できます。

 

合成界面活性剤入りの化粧品のメリット・デメリット

 

化粧品の中には合成界面活性が配合されているものがあります。

 

界面活性剤は乳化作用があるのでさまざまな製品に使用されており、クレンジング剤や洗顔料の中には汚れを落とすためのものとして配合されています。

 

界面活性剤にはメリットもありますが、デメリットもあることを知っておきましょう。

 

まずは細胞内の老廃物を排出する効果やコレステロールを解けやすくするなどのメリットが挙げられます。

 

しかし、浸透性が高い界面活性剤は体内に侵入することができます。また、合成界面活性剤は肌のバリア機能を壊すというデメリットもあります。

 

肌のバリア機能が破壊されることにより、肌荒れなどの肌トラブルのリスクもあります。合成界面活性剤は高い毒性や残留性などが指摘されており、体内で吸収された場合は肝臓で分解することができません。

 

界面活性剤にはタンパク質や肝臓の細胞を壊す作用もありますし、肝臓の病気や肝ガンなどのリスクが高まると言われています。

 

合成界面活性剤にはさまざまなデメリットがありますが、メリットもあるので化粧品などに使われています。

 

乳化剤や安定剤としての効果がありますし、肌に馴染みやすくするといった目的で使われていることもあります。